雇われないで生きる道

やりたくないことをやらないで生きる方法を探求しています。

「ありのままの自分を受け入れる」その4 ありのままの自分史

最近思うのは、なんでこういう自分として生まれようと思ったのかなぁ…

という事についてです。

 

生まれる前、つまり魂だった頃、どういう人間に生まれるか、

好きなように選べたようです。

男に生まれるか、女に生まれるか、

どの時代に生まれるか、どの国に生まれるか、

どんな家庭に生まれ、どんな親を持つか、

どんな性格で、どんな能力で、どんな身長で、

どんな民族で、…

どんなふうにも好きなように選べたらしいですね。

 

なぜイケメンに生まれられたのにそうしなかったのか…

なぜ金持ちに生まれられたのにそうしなかったのか…

なぜ有能に生まれられたのにそうしなかったのか…

 

地球に来て、ホモサピエンスという哺乳類のオスの身体を身にまとい、

2020年3月、ついに始まったこの”イベント”を46歳で迎えようとしている…

 

今、この時、この場所で自分は何をしに来たんだろう…

今、この時、この場所で自分は何をするために今まで準備をしてきたのだろう…

 

団塊世代の子として生まれ、毒親からの暴力と虐待を受けて人生をスタート。

思春期になり恋愛や性の問題に悩む。

自殺手前で宗教団体に救われる。

そのまま宗教団体で10年ほど過ごし、脱会。

当然まともな就職先はなく、ブラック企業を転々とし、人生に絶望する。

そこで起業という選択肢に出会い、せどりで起業。そのまま約6年間自営業。

45歳までまともに恋愛もする事ができず。

これらの人生経験は一体何のためにあったんだろう…

いつか何かの役に立つことはあるんだろうか…

置き手紙して家出、カルト宗教に就職、二度の婚約解消、転売屋、障がい者手帳なしでの生活保護、一人前に稼げないのに避妊せずにセックス…

並べてみると全て道徳に反する事という共通点がある…

 

道徳の破壊が使命なんだろうか… 非道徳、破道徳…

道徳の破壊がやりたいわけではない。すべての道徳が悪いとは思わない。大切な道徳もあるような気がする… ただ、すべての道徳が人間を幸せにするとは思えない。

悩みながら仕方なくやむを得ない選択をしてきたら、ほとんど道徳破壊的な行動になっていたというのが正直な所だ…

 

ありのままの自分とは破道徳な中年のおっさん。

 

ありのままの自分とは、魂の声が聞こえないおっさん。ハイヤーセルフとも繋がれないおっさん。やりたい事が何なのか分からないおっさん。

 

魂の声が聞こえない自分をも受け入れる。心の声が聞こえない自分をも受け入れる。やりたい事が分からない自分をも受け入れる。