雇われないで生きる道

やりたくないことをやらないで生きる方法を探求しています。

生活保護その19 生活保護のメリットとデメリット

今日は生活保護を受けるメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

受給中の身である僕の実感からお伝えできることもあると思いましたので。

この記事のメインはデメリットの方ですが、メリットも簡単に触れておこうと思います。

1、お金をもらえる。東京で一人暮らしの場合、家賃含めて13万円位。

2、年金、健康保険料が免除になる。

3、病院代が無料になる。

4、所得税と住民税が無料になる。

5、都営電車が無料になる。

こんな感じでしょうか。

 

それではメインのデメリットに入りたいと思います。

デメリットは

1、親族に扶養照会される。

扶養照会というのは、「この人を養えませんか?毎月少額でも送金できませんか?」といった内容の手紙を親族に送られるというもの。

手紙が届かないとか返事がない場合は電話になるのかもしれません。

親族にばれたくないと思っている人にはかなり辛い壁になりますね。

僕も一時期これがイヤで生活保護申請をためらったこともあります。

ただ、DV被害者などで、扶養照会されることで暴力がエスカレートすることが想定されるような場合は例外的措置を取ってもらえることもあるようです。

 

2、収入申告、資産申告など面倒な手続きが多い。

 

3、就労指導を受ける。

ケースワーカーから働くように指導されます。

あるいは、福祉事務所に所属している就労担当員から精神的圧力を受ける場合もあります。

重い病気や障害があって誰がどう見ても働けなさそうな場合は就労指導はされないと思いますが、見た感じ働けそうな雰囲気がある場合は求職活動をするよう言われたり、就労支援を受けるように言われます。

これがイヤでホームレスを続けている人もいるぐらいですからかなり精神的に辛いですよ。

就労指導の苦しみとストレスでうつ病を発症して晴れて精神障害者になって就労指導を受けなくて済むようにしてくれているのかもしれません。

 

4、周りの人に生活保護を受けていると言いにくい。

生活保護を受給している人をよく思っていない人も中にはいると思います。

100人いたら数人しかいないと思いますが、でもその数人のことを気にして、「僕は今生活保護を受給してるんですよね」とは堂々と言いにくい気持ちはあります。

別に悪いことをしているわけでもないから隠したい気持ちはありませんが、あまり誇れる状態ではありませんよね。

外資系金融機関で働いていたり公務員とかだったら胸を張って言えると思いますが、何となく肩身の狭い思いはあります。

今失業中ですとは堂々と言いにくいような感じでしょうか。

初対面の人に自己紹介するときとか、あまり親しくない近所の人には伝えるべきか伝えないでおくか、いちいち考えるようになります。

周りの人は「働いている人は素晴らしい人、頑張っている人」「働いてない人はあまり素晴らしくない人、頑張ってない人」という価値観を持っていそうな感じがするんです。僕の思い込みかもしれませんけど。

周りの人からよく思われたい、よく見られたいという承認欲求から完全に自由になれる人というのはなかなかいないような気がします。

どんなに我が道を行くタイプの人でも、自分の顧客からはよく思われたいし買ってもらいたいと思っているのですから、承認欲求から完全に自由になるのは難しいと思います。

つまり、周りの人の価値観から完全に自由になるのはなかなか難しいと感じています。どれだけ難しいかというと、周りの人はみんな人殺しは悪いことだと考えている中で、自分だけ人殺しは良いことだとは思いにくいという感じでしょうか。

 

メリットとデメリット、探せばもっとあるとは思いますが、パッと思いつくのはこんな感じです。

そして…

総合的に見て生活保護はお勧めなのかどうかというと…

 

決してお勧めしたいとは思えませんね。

やっぱり上記のデメリット3と4が大きいです。

この3と4がなければお勧めだとは思います。

生活保護も決して楽じゃないですよ。決して幸せとは言えないです。

 

今の社会で一番良いのはやっぱり資本家とか大株主とか大家さんだと思いますね。

なかなかそういう職種での求人は見つからないですけどね。

その次にいいのは、そんなに苦ではない仕事、そんなにいやじゃない仕事を見つけるなり作るなりして、楽にお金を稼ぐことじゃないかと思いますね。

僕は今まで好きなことや得意なことを仕事にして楽しくお金を稼ぎたいと思って、そういう方向で考えてきましたが、最近、方向性を少し変えました。

好きなことや得意なことはなかなか仕事にならないからです。いくら本や漫画を読んでいても1円にもなりませんからね。

そんなわけでらく~な仕事、好きとまでは言えないけど全然いやじゃないレベルの仕事を探していこうと思っています。

書評その123 子どものアトピーは、「和食」で良くなる 永田良隆、小崎孝子著

小児科医の永田良隆さんと福岡市にあるふたば幼稚園園長の小崎孝子さんの対談本でした。

この本も今までの永田医師の著書と内容はほぼ同じなので、どれか1冊読めば他は読まなくても大丈夫だと思います。

 

和食の給食を毎日出している幼稚園の園長さんの本ですから、どんな献立なのか期待していたのですが、巻末に乗っていたメニューにはなぜかフライ物や揚げ物が多かったので??と思ってしまいました。植物油は止めた方がいいという話なのでは…?

ただ、絶対に植物油はダメという話ではなく、運動してちゃんと燃焼出来ればいいという話には希望を感じました。やはり子供は外で体を動かして遊ぶ必要がありそうだなと思いました。小崎孝子さんの幼稚園では和食だけでなく外遊びも重視しているそうです。やはり自然の中で外遊びできる幼稚園や保育園はいいかもしれないと思いました。

  

あと、牛乳(乳製品)が便秘を引き起こすことがあるようです。便が硬くなり「石鹸便」とも呼ばれるような状態になることがあります。僕も下痢と便秘の繰り返しなのでコーヒーに入れている練乳を豆乳に変更しようと思います。

 

そして油を減らせば花粉症まで良くなるそうです。これはもう和食一択ですね。

 油に関して言うと、いい植物油は「エゴマ油(=シソ油)」と「亜麻仁(アマニ)油」だけ。他にいい油は魚油とバターとラードだそうです。植物油よりもバターやラードの方が体にいいなんて意外ですね。

 

この本は本当に素晴らしかったのですが、やはりどうせなら下関市立市民病院のアトピー入院患者用の献立表が見たかったですね。

書評その122 アトピーは和食で治せ! 永田良隆著

本当に和食にするぐらいでアトピーが治るとしたらかなり儲けもんですよね。

和食は薬のように副作用はありませんから試すのにも不安はありませんし。

それでこの本を読んでみることにしました。

内容的には前著「油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる!」とほぼ同じだったと思います。どちらかを読めばいいと思います。

 

この本の内容を一言で表すと題名通りなのですが、まずはステロイドで皮膚の表面を元通りにする。それと並行して日本の伝統的和食を生活習慣にする。これだけです。和食にすることで体の内部から直し、ステロイドは段階的に減らして最後にはゼロにできるという話です。

アトピーは和食で治る」ことは、いわゆる医学的研究論文(エビデンス)はまだないらしいですが、著者が1万名以上診察して治してきた経験だと8割の患者に効果が出たそうです。僕は1万名以上診察して治してきたこと自体がエビデンスだと思うのですが…。

 

僕がこの本で印象に残ったのは、洋食過多による影響は僕の赤ちゃんだけでなく、僕自身にも表れていたということでした。

赤ちゃんはアトピーなのですが、僕の昔からの持病に「副鼻腔炎」「慢性下痢」「過敏性腸症候群」があります。まさかこれらの症状までもが「アメリカ料理」による影響だったとは…。ビックリしました。最近はこれらに加えて「脂肪肝」「高脂血症」も加わってきました。アルコールをほとんど飲まないのに脂肪肝とか高脂血症と医者から言われたことがあります。医者も不思議そうな顔をしていたのを思い出します。

f:id:saiohasso:20201122142011j:plain

過食に対する生体反応(「アトピーは和食で治せ!」より)

 では、「伝統的和食」とは具体的にはどんな料理のことを言うのか。

一言で言うと、昭和30年頃(1955年頃)までの食事です。

具体的には、タンパク質は三食のうち、魚類(または肉類)2回、豆類1回。週単位では魚類3日対肉類1日の割合が望ましい。

脂質量が少ないカレイ、タイ、アジ、紅サケなどよりも脂質量の多いイワシ、サンマ、サバなどの青背魚の方が望ましい。

f:id:saiohasso:20201122145027j:plain

どんな油が良くてどんな油が良くないのか

 

f:id:saiohasso:20201122145256j:plain

植物油を含む食品

f:id:saiohasso:20201122145706j:plain

卵を含む食品

不適切な乳質に対する赤ちゃんの反応

第1ステージ(イエローカード)…むずがる。手足をバタつかせる。お母さんをにらみつける。ブツブツ文句を言う。

第1ステージ(レッドカード)…乳頭をかむ。乳頭を引っ張る。

第2ステージ…しゃっくり。口から母乳をタラ~ッと垂らす。吐く。

第3ステージ…ゼロゼロ。鼻汁。鼻詰まり。

第4ステージ…頭に脂漏性湿疹→顔面湿疹→乳児湿疹→アトピー性皮膚炎

「質の良い母乳を1歳半から2歳まで続けると、感性豊かで賢く、集中力があり、忍耐強く、魅力的な人間に育っていくことでしょう」(187ページ)。

 

「赤ちゃんの体重が増えない最大の理由は、お母さんのタンパク質摂取量が不足しているからです。そこでお母さんが朝、昼、夕の三食で、たとえば魚料理2回、豆料理1回摂るようにすれば、母乳は前よりも濃くなり、授乳間隔も3時間ぐらい開くようになり、育児も楽になり、1か月後には赤ちゃんの体重が必ず増えていきます」(188ページ)。 

f:id:saiohasso:20201122145525j:plain

乳製品を含む食品

仕事その8 そんなにいやじゃないこと、あまり苦にならないこと

先日ひきこもり当事者の自助グループに行ってきました。

僕が今一番楽しみにしているイベントです。

なぜなら、いつも奥深く、本質的な話が連発するからです。

参加してみて、今回も心に大きな変化が生まれました。

「もう二度と働きたくない!」と思っていた頑なな心にヒビが入りました。

それは、働いた方がいいのかもしれない、働いてみようかなという思いでした。

なぜそう思ったのかと言うと、働かないよりも働いた方が楽かもしれないと思ったからです。

働いてない人の話(ひきこもりや生活保護の人の話)と働いてる人の話、双方を聞いていて思ったのは、ひきこもりの人や生活保護の人は本当の意味で幸せを感じている人はいなくて、大なり小なり苦しんでいるということでした。

それに対して働いている人は(大なり小なり苦しんでいるのかもしれませんが)それなりに幸せそうな、満足そうな印象を受けたことでした。

僕の感じたものが本人が感じている事実とは異なるかもしれませんが、僕の印象ではそう感じました。

僕自身の話、生活保護で最高に幸せかと言われたら決してそうではありません。

確かにブラック企業で過酷な労働をしたり、最低賃金でつまらない作業を繰り返すよりはいいかもしれません。

でも、生活保護を約1年間受けてみて、万民にお勧めできる生き方かと言うと決してそうは思いません。僕は最近はあまり人にお勧めはしなくなりました。

お勧めできるのはせいぜい配偶者や親から虐待を受けていて辛い人、ホームレス生活が辛い人、今の仕事が辛い人、子育てに労力を注ぎたいシングルマザーぐらいでしょうか。

(今後また別の記事で生活保護のデメリットをまとめようと思います)

 

(働いてない人よりも働いてる人の方が苦しんでいない…働いていない人の方が苦しんでいる…)

これは僕にとっては大きな気付きであり、心の中に静かな、しかし確かな変化をもたらしました。

 

僕は働きたくないのではない。やりたくないことをやりたくないだけなんだなと思いました。

やりたくない職種はやりたくない。いたくない職場にはいたくない。理不尽な目に遭いたくないだけなんだと思いました。

 

もしかしてまだ知らない、やりたくなるような仕事があるのかもしれない。

もしかしてまだ知らない、居心地のいい職場があるのかもしれない。

もしかしてまだ知らない、理不尽な目に遭わない職場があるのかもしれない。

そう思いました。

 

ハローワークの検索サイトでも転職サイトでも絞り込む項目が「職種」「勤務地」「勤務形態」「休日」などでしか絞り込めないために辿り着けていない仕事があるのかもしれないと思いました。

世の中に存在する仕事を片っ端から一個一個丹念に見ていけば、もしかしてやれそうな仕事、やってみたくなるような仕事が見つかるかもしれないとは思いました。

でも僕の場合はそれが人に比べて極端に少ないだけなんだなと思いました。

 

僕が仕事サイトで検索するときに、絞り込みに使いたい検索条件は、

1、理不尽な扱いを受けない。→奴隷や二等兵のような扱いをされない職場。怒鳴る人がいない職場。

2、上から目線で命令されない。→同じ人間として対等な関係で仕事を依頼される関係。

3、その日の体調や気分でその日に働くか働かないかを決められる。→ウーバーイーツのような自由度がある働き方。

4、排泄物やゲロなどの汚いものとは関わらない仕事。→トイレの清掃やおむつの交換などがない仕事。

5、スピードや正確性が求められない仕事。→遅くてもミスがあってもいい仕事。

 

好きなことや得意なことを仕事にしようと思って探してきましたが、結構アイデアが必要で実際は難しいなと思いました。(本や漫画が好きだからと言ってそれを読んでいるだけでは仕事にはなりませんよね)

それが思い付かない以上、それは一旦保留にしておいて、まずは「そんなにいやではないこと」とか「そんなに苦にはならないこと」を仕事にしてもいいのかなと思いました。

「ありのままの自分を受け入れる」その22 ブログ更新を一時休止します。

今までブログを毎日更新してきましたが、今日からは不定期にしようと思います。

しばらく書くのを休もうかとも思いました。

 

理由はいろいろあるのですが、

一番大きいのが最近忙しくなって来たこと。

赤ちゃんの世話をする時間が増えてきたことや、ひきこもりの自助グループや支援団体に通うようになったことが大きいです。やることが増えたので何かを削らなければならなくなりました。

 

次に大きいのは、そんなに毎日毎日どうしても書きたいと思えることがなくなったこと。

書くことも楽しいことではあるのですが、書くことと読むこと両方やってみて僕はやっぱり読んだり見たりするほうが好きなことが分かったこともあります。

 

三番目としては、今年の目標としてブログの毎日更新を掲げましたが、ブログの質にこだわらなければできるようになったこと。毎日更新できるようになったことで、毎日更新する事よりも質にこだわりたいという思いに変化したことが大きいです。

 

四番目としては、ブログの主要なカテゴリーに書評があるのですが、あまりお勧めできる本に出会えず、お勧めできない書評になりがちで、お勧めできない書評には熱量もこもらないし、あまり意味がないかなぁと思ったことがあります。

 

五番目としては、ブログでも取り組んでいたことですが、ありのままの自分を受け入れることを実践するためです。今の自分はブログの毎日更新よりもやりたいことが増えてきた。だから自分で立てた年始の目標に縛られずに今の自分の欲求に正直になろうと思いました。

 

六番目としては、文章を書く練習をしようかなと思っていたこともあります。と言うのも、僕が人並みにできそうな職種はやはり文章を書く仕事かなと思っていました。それでまずはブログで練習して、あわよくば文章を書く系の仕事にありつけたらいいなぁなんて淡い期待もありました。

でも文章を書く仕事がどうしてもやりたいわけではなく、本当は働きたくないのが本心なので、もういいかなと思いました。

 

七番目としては、自分で自分のブログを読んでみて、カッコよさがなくなってきたなと感じたことがあります。働けない自分をアピールするために発達障害であることを声高に叫んでみたり、ケースワーカーや就労サポーターを批判してみたり…。それもこれもかなさんや子供と別れたくないという保身の思いからだったのですが…。言い訳みたいなブログを書き続けてもしょうがないよなという思いが湧いてきました。

 

まぁでも今までのカッコ悪いブログも自分としては悔いはないですよ。世の中のブログのほとんどはカッコいい内容ばかり、自分の醜態を晒しているものはなかなかないですよね。僕は見たことがありません。他の人と違うことがやりたかったのでそれはそれで良かったと思っています。

言い訳したっていいじゃん。見苦しい醜態さらしたっていいじゃん。

恥や見栄でがんじがらめになっている日本の息苦しい文化を破壊したかったというのも少しありますよ。

 

これから全くブログを止めるということにはならないと思います。

これからは本当にお勧めしたい本の書評や、本当に訴えたい内容が湧いてきたときにブログを書こうかなと思っています。

ひきこもりその19 生きる意味

先日、10代から50代までの男女8人ほどで「生きる意味」について意見交換しました。

普段からそういう話をしたかったのでとても面白かったです。

生きる意味は人それぞれだなと思いました。

正解は一つではないんだと思います。

いろいろな意見を聴きました。

・生きることに意味はない。けれど自分で意味づけしていくものだと思う。

・自己責任で生きることを求められている気がするので自己責任の意味について最近考えている。

・好きなことや楽しいことをすることに意味がある。楽しいことをやるように心がけている。

・意味を探すことは難しい。

・死ぬのは怖い。

・死んだ時葬式に来た人たちが本気で悲しんでいたら、生きた価値があったのかな。

・人生に意味はないと思う。

・生きていることに意味があると思う。

・生きる意味は年齢と共に変わってきた。社会に出たての頃は自分の仕事能力を高めることが自分の価値を高めることになると思って、それが生きる意味になっていた。

・世の中に対して何かやれているときに生きている感を感じる。

ゴッホは金銭的に恵まれなかったが歴史に名を遺した。歴史に名を残すことができたら生きた意味があったと思う。

・高校の先生にお世話になった。凄くいい先生だったので自分も先生になろうと思っている。

・今までは会社の中に自分の立ち位置を見つけていけばいい時代だった。しかし、これからの時代は会社が一生面倒を見てくれるわけではなくなる。自分の立ち位置や自分の目的のために会社を利用するぐらいのスタンスが必要になってくる。

・好きなことを仕事にしなくてもいい。余暇に好きなことをしてもいい。

 

僕はこの場に来るまでは生きる意味が見つかっていませんでした。

しかし、「歴史に名を残す」という発言がヒントになって、「歴史に意味のあるものを残す」ことに興味が出てきました。

「自分にとって意味があると思えるものを残すことをやる人生には意味がある」と思えました。

僕は他の誰かがやっていることにはあまりやる意味が感じられません。なぜなら、その人がやればいいと思うからです。

むしろまだ誰もやってないことにこそやる意味が感じられます。

今考えているのはやっぱり自死支援団体の創設です。日本にないからです。スイスにしかないそうです。

日本にないからこそ作る必要があるし、やる意味や価値を感じます。

ただ本音を言えば、自死支援団体を作ることよりも自分がまず自死支援団体を利用したいだけだったりします。

自死に成功する人の背後に未遂者が10倍以上いると言われています。

そういう人を助け、確実に楽に苦痛なくあの世に送ってあげられる支援が必要だと思います。

未遂は本人も苦しいだけでなく、医療関係者にも多大な負担を掛けることになるのでそれを防ぐ意味でももっと安価で手軽な支援が必要だと思います。

精神疾患その3 ADHD人間の子育て

f:id:saiohasso:20201110072559j:plain

不安げな目で見つめる赤ちゃん

昨日赤ちゃんを10cmほどの高さからコルク板の上に頭から落としてしまいました。

大泣きされてしまいました。

手が滑ったんです…

本当に申し訳ないことをしてしまったと思います。

土下座して謝りました…

幸い、高さが10cmと、それほど高くはないところから落としたことや、落とした場所にコルクの板が敷いてあったこともあり、大事には至りませんでした。不幸中の幸いでした。

数週間前にも半日の間に3回も赤ちゃんの頭を壁やガラスにぶつけてしまいました。

ぶつけたというよりも、動きの激しい赤ちゃんの動きを止めることに失敗し、赤ちゃんが自ら壁やガラスに頭をぶつけてしまったんです。

その時はまぁたまにだからしょうがないと思っていましたが、今回の落下の件で、今まで通りに子育てに参加し続けるのはやめようかと思いました。このままの調子でいけば近いうちに必ず大きなミスをすると思いました。大きなミスというのは、高い所(立って抱っこした状態など)から手が滑って落として赤ちゃんが死ぬという可能性も含んでいます。

働くためには飲みたくなかったADHDの薬も子育てのためなら飲んでみようかなという気持ちになりました。子育てから手を引き、ミスしてもリカバリー可能な家事で後方支援していこうかなと思いましたが、かなさんから子育ても一人じゃできないと言われたので、リスクを負っても子育ての手伝いも続けていかざるを得ないと思いました。

かなさんからは注意して持てば落とすことはないと言われましたが…

今までも携帯電話やお皿をたくさん落として壊してきましたので、注意だけではどうにもならないのですが…

とりあえず薬は飲まず、赤ちゃんと関わっているときは赤ちゃん以外のことは考えないで赤ちゃんのことだけに集中し、真剣に関わっていくしかないかなと思いました。

そんなことだけではどうにもならないのがADHDなんですけどね…

まぁ、将来、手が滑って虐待致死とかでテレビに出るかもしれませんが、そこは腹をくくっています。