雇われないで生きる道

やりたくないことをやらないで生きる方法を探求しています。

統一教会その7 マインドコントロールのカラクリ

f:id:saiohasso:20191231184616p:plain

本人は良い事をしていると思っている女性  (出典:いらすとや)

今日は統一教会の専売特許とも言われているマインドコントロールについてご説明させて頂きます。

そもそも「マインドコントロール」というのはどういう内容なのでしょうか?

統一教会に通うようになると、それまでとは全く別人になってしまう人が多くいます。

2日間の合宿や1週間の合宿に参加すると、今までとは考え方、価値観、行動がガラッと変わってしまう人が続出しました。

f:id:saiohasso:20191231184810p:plain

合宿で講義を受ける受講生 (出典:いらすとや)

具体的には、熱心に通っていた大学を中退して勧誘活動ばかりに精を出すようになってしまったり、借金をしてまで統一教会献金するようになったり、霊感商法に携わるようになったり、親や友人に嘘をつくようになる人が続出したのです。

怠惰だった人が急に掃除し始めたり、ぐれてた不良が急に受験勉強を始めたり、飲んだくれでDVだった夫が急に優しくなったり、と言った良い方への変化であれば問題ないのですが、統一教会で学ぶようになって表れてくる変化が周りの人にとっては良くない事ばかりであったために、本人の身近な人、特にその親が大変苦しむ事になったのです。

なぜ統一教会に通うとここまで人が変わってしまうのでしょうか?

その変化があまりにも大きいので、周りから見ると「教団にマインドコントロールされている!」と見えるのです。

統一教会がなぜこれほどまでに人をマインドコントロールできるのか?

その秘密はその教えの内容にあるのです。

統一教会の教えは根本教典である原理講論なのですが、その後半部分にその秘密があるんです。

統一教会の教えを簡単に言うと、上司に対する絶対信仰、絶対愛、絶対服従です。

なぜ上司に絶対服従しなければならないのかを聖書を使って解説しています。

旧約聖書の創世記で、カインがアベルを殺しました。しかし、本来は殺してはいけなくて、カインはアベルに対して絶対信仰、絶対愛、絶対服従を貫かなければならないと教えます。教団の中で立場が上の人はアベルの立場になるので、教団の中で立場が上の人には絶対に逆らってはならず、どんな酷い人格の上司でも無条件で愛し、どんなに理不尽な命令をされても絶対に従わなければならない、という教えがあるのです。

ですので、家族からどんなに反対されようが、教団内の上官の命令が第一になり、家族のいう事は聞かなくなるのです。

また、教団内の上官がどんなに酷い行動をしていても、それを大目に見て、批判してはいけないという教えがあります。

これも旧約聖書を使って教えていきます。ノアの洪水の話はご存じでしょうか? ノアと言う人が箱舟を作った後、酒に酔って裸で寝ていたところを息子が目撃し、父親の醜態を恥じて軽蔑した話があります。統一教会の教えでは、この話の教訓として、統一教会内の幹部や上官がたとえ豪遊したり裸で寝そべるような醜態を晒してたとしても、それを批判したり軽蔑せず、ましてや人に言いふらしてはいけない、という教えを学ばければならないとされています。

この教えを受け入れてしまった統一教会員は、教団の幹部が信者の献金で私服を肥そうが何をしようが無批判に受け入れるようになります。こうして少しずつ自分の頭で考える事を辞めるようになり、教団の価値基準で判断する人間になっていくのです。

また、教団に対して最も大切な物や最も執着している物を捧げるような教えがあります。これも旧約聖書の創世記がその根拠になっています。

アブラハムという人が神から啓示を受けます。最愛の息子を殺せという命令です。そして刃物で殺す寸前に神から殺さなくていいという許可がおります。統一教会員はこのアブラハムの絶対信仰を見習いましょう、見習うだけでなくその基準を乗り越えていきましょうという教えを受けます。その結果、最も大切な物であるお金や時間や命や子供などを捧げなければならないという教えに繋がっています。

この教えは非常に危険な教えだと感じています。神からの啓示があれば人殺しもやる事に繋がるからです。しかし、この教えは統一教会だけの教えではなく、旧約聖書を信仰するすべての人が持っている信仰でもあるように思いますが…

また、アダムとエバの堕落以来、人類は動物以下の生物になったとして、動物や物質などよりも穢れた存在だとしています。その穢れた人間が清らかな存在に戻る為には人間よりも清らかな存在である何らかのお供え物をしていく必要があるとしています。そのお供え物がお金であり、献金を通して堕落した人間が神に帰っていくんだという教えです。献金をしなければ人間はいつまで経っても本来の人間には戻れないという教えなので、信者はせっせと献金し続けています。

このように、統一教会の教えは、新約聖書よりも旧約聖書の内容をベースにしています。

そう言う事もあって統一教会キリスト教とは大きく違いますし、通常のキリスト教会からはキリスト教だと認められていないんだと思います。僕はユダヤ教の事はあまり知りませんが、統一教会キリスト教よりもむしろユダヤ教の方に近いような気がしています。

旧約聖書という古くからある権威ある書物に書かれている内容を根拠にしてあるという事で、純粋な人や疑う心を持たない人はそれらの内容を受け入れてしまい、思考停止した従順な信者になってしまうんだと思います。